不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

誰も傷つけない別れを目指して 男の不倫と慰謝料

運営 弁護士法人フラクタル法律事務所

予約専用フリーダイヤル 0120-684-600

メールでのお問い合せ緊急ホットライン

離婚できるか?

離婚できるか?

不倫をした場合も含み、自分が夫婦関係を破綻させた場合には、「妻が離婚に同意しない限り」有責配偶者となり、以下の3要件を満たさない限り離婚が認められません。

 

1、未成熟の子供がいないこと
2、婚姻期間と比較して相当期間の別居
3、離婚される配偶者が経済的苦境に陥らないこと

 

この3要件は、それぞれ独立の要件ではなく、相関関係にあるとされており、例えば別居期間が短い場合でも、未成熟の子供が存在せず、相当程度の金銭の提供がある場合には離婚が認められることもあります。
以下に、判例と、当事務所の有責配偶者の離婚事件の事案をまとめてありますので、参考にして下さい。

 

判例紹介 モデルケース

 

NEXT >> 「判例」

 

予約専門フリーダイヤル 0120-684-600

予約以外の方はTEL:03-6447-4307

メールでのお問い合わせ

緊急ホットライン

不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

ページのトップへ戻る