不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

誰も傷つけない別れを目指して 男の不倫と慰謝料

運営 弁護士法人フラクタル法律事務所

予約専用フリーダイヤル 0120-684-600

メールでのお問い合せ緊急ホットライン

慰謝料額増減要素一覧

慰謝料額増減要素一覧

不倫による慰謝料の金額は、一般的に200~300万円がボリュームゾーンですが、事案により30〜500万円の幅で変動し、事情によって金額は異なります。
慰謝料の金額に大きく影響するものをいくつか挙げてみましょう。
下記で慰謝料が高くなる理由は、不貞行為によって夫婦関係が破綻させられた損害が大きいと判断されるためです。

破綻状況

不貞行為が原因で相手夫婦が離婚をする場合、慰謝料の金額は大きくなります。
不貞行為発覚当時、夫婦生活が円満であった場合、慰謝料の金額は大きくなります。
反対に、不貞行為発覚当時、既に夫婦仲が破綻していた場合は、慰謝料の金額は低くなり、慰謝料が発生しないこともあります。

婚姻期間

婚姻期間が長いほど、慰謝料の金額は大きくなります。

子供の有無

子供がいる場合、慰謝料の金額は高くなります。

同居・別居

婚姻関係が破綻していたかどうかを見る上で、不貞行為発覚当時に夫婦が別居していたか否かは重要な要素になります。
不貞行為の発覚前から夫婦が別居をしている場合、婚姻関係は既に破綻していたと判断される可能性が高く、慰謝料の金額は低くなり、慰謝料自体発生しないこともあります。

浮気相手の認識

既婚者であることを知らずに交際をしていて、過失もない場合、慰謝料は発生しません。
ただし、既婚者だと聞かされていなかったとしても、知らないことについて過失があった場合は慰謝料が発生します。

事後の交渉経過

不倫に対する謝罪が早期にあった場合は慰謝料が低くなる可能性があります。
逆に、明白な事実否定や相手方をなじるような言動があった場合、周囲にばらすなどと脅迫したりする場合に慰謝料が増えることがあります。

 

予約専門フリーダイヤル 0120-684-600

予約以外の方はTEL:03-6447-4307

メールでのお問い合わせ

緊急ホットライン

不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

ページのトップへ戻る