不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

誰も傷つけない別れを目指して 男の不倫と慰謝料

運営 弁護士法人フラクタル法律事務所

予約専用フリーダイヤル 0120-684-600

メールでのお問い合せ緊急ホットライン

男性側に未婚だと騙された女性側

男性側に未婚だと騙された女性側

■判決日・裁判所:東京地判H24.4.13

■原告 :女性

■被告 :

婚姻期間 12年
離婚の有無 離婚せず
不貞期間 3年
裁判所の認定額 80万円
夫婦間の子 1人(未成熟子)
婚姻関係破たんの有無 破たんしていなかった

■ポイント:
原告Aと被告Bは、平成18年5月3日、インターネットサイトが主催するお見合いパーティーに参加して知り合った。被告Bは、上記パーティーにおいて、原告Aに対し、独身であり、交際相手もいない旨虚偽の事実を述べ、交際を申し込み、以後、頻繁に、食事を共にし、ホテルや原告Aの家に泊まるなどの男女関係を継続した。原告においても、被告Bが婚姻していることを知って男女関係を継続したものであって、婚姻の約束があったとしても、確実に被告Bと婚姻できるとは限らないことはわかっていたものと認められること、原告Aは、被告Bとの男女関係を断ち切ることが可能であったにもかかわらず、自らの意思で、男女関係を継続したとされた。

 

予約専門フリーダイヤル 0120-684-600

予約以外の方はTEL:03-6447-4307

メールでのお問い合わせ

緊急ホットライン

不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

ページのトップへ戻る