不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

誰も傷つけない別れを目指して 男の不倫と慰謝料

運営 弁護士法人フラクタル法律事務所

予約専用フリーダイヤル 0120-684-600

メールでのお問い合せ緊急ホットライン

タイプ別の女性対処法

タイプ別の女性対処法

以下、不倫相手のタイプ別の対処方法をお伝えします。
なお、以下はあくまで当事務所の今までの事件の傾向であり、また、「不倫をするその職業の女性」のことを分析しただけであります。
よって、特定の職業の方の傾向一般を述べたものではなく不倫相手がその職業であった場合の傾向を記載しているだけであり、その職業の方一般について評論したり誹謗中傷したりするものではないことを予め了承の上ご覧下さい。

トラブルになりやすい相手の特徴

結婚を目的としているほど解消が難しいです。
わかりやすい特徴は、不倫相手が強く結婚を意識する時期である場合や、不倫相手の経済状況がよくない場合です。

 

・年齢が29歳(30歳までに結婚したい)、38歳(出産リミットと言われている年齢)

・収入が少なく、自活ができていない様子である

・シングルマザー

・病気、精神的に弱っているとき

 

以上は、女性側としても自分で解決できないと思っており、それを解決する手段として、結婚にすべてをかけてしまう心理状況に陥ります。

職業別の特徴

看護師

同僚である医師との不倫が多いです。
同じ職場なので、交際解消をしても、また交際を再開させてしまい、長期間不倫の関係に陥ることがあります。
再婚をほのめかして交際している場合には、医師の妻という地位に魅力があるため、女性が別れに抵抗し、別れづらくなる傾向があります。
ご自身の転勤や開業時に物理的に距離が離れてから別れを切り出すことも良い方法です。

女性の医師

男性に対する依存心は少ないですが、自律しているという意識を持っている方がいます。
そのため、自分が振られたと認めたくない傾向があります。振られたくない為に関係を継続させようとする方もいます。
また、不倫相手が上司の場合、振られた悔しさや、男性と一緒にいることの辛さから逃れる為、男性を左遷するよう圧力をかけることもあります。
異動願いを出すしつつ、女性の方から振ったという形で別れを演出する方法が良い方法です。

休職中の方

不幸にも職を失った方は、将来が見え無い不安から、いけないこととはわかっていてもわずかな可能性にかけて結婚を希望する方が多いです。
同様の理由から、別れるとなった場合、当面の生活費や慰謝料を求めることが多いです。
経済的不安が背景にある場合には、「嫌いになったから別れる」という別れ方はそこまで有効ではないです。なぜなら、結婚による安定のためなら、嫌われることは障壁にならないからです。一方、金銭を払うから別れてくれ、という提案も悪くないと受け入れられる経済状況があるからです。
大切なことは、金銭を払うなら、しっかりと別れの清算の合意書を作成することです。作成しないと、のちのち、「捨てられたことで働けなくなった、他のことにお金がかかってしまった」という理由で再度金銭を請求される事が多々あります。

美容師

美意識・自意識が高く、感性豊かなため、恋愛体質であったり、依存心が強かったりする方が多いです。不幸な状況に置かれている自分・悲しい自分に酔ってしまいがちでもあります。
反面、心が繊細なため、自傷に走る方を多く見てきました。ご両親が矢面に立って本人を庇うことも多くあり、その場合、話が複雑化します。
その時々の感情の振れ幅に逐一反応しないように気をつけ、別れ話にポイントを絞って話をするべきです。

芸能界を目指していた方

芸能界を目指すだけに、容姿に自信を持っている方が多いです。コンパニオンや受付などの華やかな仕事をされている場合が多いです。
プライドがあるので、男性から別れを告げられると、激しい怒りと抵抗感を持ちます。
不倫相手のプライドを傷つけ無いように、不倫相手から嫌いになった形で別れるようにすることが有効でしょう。

CA

CAといえば、憧れの職業で、男性も一度は付き合いたいという方が多いです。
そのため、地位があってお金持ちと出会って結婚する同僚が周りに多い中で、不倫をしてしまった人は、そもそも負け組と見られてしまう可能性が高い状況にあります。
お金持ちと結婚することが憧れのゴールであるという同僚の多い環境に身を置いているため、結婚願望が高い傾向があります。
プライドが高いので、別れを受け入れにくいです。
厳しい競争を勝ち抜いてCAになっているため、気性が激しく、穏便な交渉が難しいでしょう。
女性の医師や芸能界を目指していた方の項と同様、不倫相手から嫌いになった・振ったという形を目指すのが有効でしょう。

風俗店に勤務している方

仕事の精神的負担が強く、精神を病んでしまう方が多い職業です。
精神を病んでしまうと、他者に対する依存心が強くなることが多く、自分の闇の部分を見せて、それが一旦受け入れてもらえると、なかなか相手と離れようと思っても離れられない傾向があります。
仕事上の人間関係が特殊なため、元彼や次の交際相手から、金銭請求を受けるトラブルに発展することも少なくありません。
心の安定を求めているためネット依存の方も多く、その場合、ネット上で関係をほのめかす・暴露する書き込みをして、歯止めが効かない事例もありました。
交際中にこのような女性の相談に載っていると、付き合っている男性も一緒に心を病んでしまう傾向があります。
裕福な方も多く、弁護士へのアクセスが良いことが多いので、弁護士から女性に内容証明郵便を送付すると不倫相手も弁護士に相談することが多いです。
女性にも弁護士がつくと、自分の行っている事の違法性や、刑事事件となる可能性を理解し、事件が収束することがあります。
また、職業柄次の男性が見つけやすいため、女性の気持ちを丁寧に聞きながら、他の男性へ目を向けてもらうことで穏便に別れられることもあります。

音大の出身の方

感性が豊かなので、感情の起伏が激しい傾向があります。
親御さんも、手塩にかけ、教育費をかけて育てたので、不倫行為につき男性にだけ責任があり、大切な娘を傷物にしたと非難してくることが多いです。
芸術という客観的価値がつけられない価値観に基づいて考えるので、要求が過大になりがちです。
その時々の感情に基づいて要求するので、振り回されないようにすることが大事です。
なお、音楽を続けたいという理由で経済的バックアップを求めて愛人の立場を選んでいることもあるので、金銭的解決を要求されることがあります。

証券・金融関係の営業職

仕事のノルマや生活のために、不倫関係になって契約を獲得する方がいます。
最初は、契約のためであっても、交際を重ねるうちに男性夫婦の愚痴を聞く機会も増え、愛情が芽生えて、男性の妻の地位や、男性の経営する会社に勤務する事を求めることもあります。
職業柄、男性側の勤め先会社の情報を得ていることが多いので、いざ、別れを切り出す時の弱みになってしまいます。
仕事柄、弁護士と付き合いのある方が多く、裁判を厭わない傾向があります。
仕事柄、録音機を保持しており、交際中から会話を録音され、妻に交際を暴露する手段にすることがあります。

部下

上司によるセクハラ・強姦だったと主張されるリスクがあります。
不倫が妻に発覚した場合、自分が悪くないことを主張するために事実と異なることを認識しながらセクハラ・強姦と主張する場合があります。
また、わざとではなく、自分の記憶を塗り替えているかのように、セクハラ、強姦だったと真剣に述べる女性も中にはいます。
相談という名目で、社内の他の人に知らせたいという欲求があります。
いつのまにか、周りが不倫相手の味方にまわり、上司のほうが悪いと口を揃えて言うような危うい立場に置かれることもあります。
この場合、対会社へのフォローが必須です。
仲が良かった頃のメール・画像などの証拠をきちんと保存しておくことで、セクハラ・強姦と言われたときに反論の根拠になります。

 

NEXT >> 「不倫解消体験談」

 

予約専門フリーダイヤル 0120-684-600

予約以外の方はTEL:03-6447-4307

メールでのお問い合わせ

緊急ホットライン

不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

ページのトップへ戻る