不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

誰も傷つけない別れを目指して 男の不倫と慰謝料

運営 弁護士法人フラクタル法律事務所

予約専用フリーダイヤル 0120-684-600

メールでのお問い合せ緊急ホットライン

会話から見る不倫男女の捉え方の違い

会話から見る不倫男女の捉え方の違い

事実は同じでも…

事実① 彼が奥さんとの離婚を切り出さないときの心境

男性:このままの関係でいいから、離婚する気はない

女性:彼は離婚したいのに、奥さんが納得してくれない

 

事実② 彼が妻の愚痴を言うときの心境

男性:結婚を望んでいない、ということを遠回しに言っている

女性:私のことを信頼してくれている、奥さんへの気持ちは薄れている

 

事実③ 彼が優しい言葉をかけるときの心境

男性:不倫という立場に置いてしまっている彼女へのリップサービス

女性:真実だと捉え、私は好かれていると感じる

 

事実④ 女性が暴露や自殺をほのめかし、関係が続いているときの心境

男性:不倫関係を解消したいが、行動の激化が怖くて別れられない

女性:自分を想ってくれているから関係が続いている

別れたいのに…

①「ふさわしい人を見つけてほしい」

男性:(彼女を傷つけないように別れを切り出すため)
   「君にはもっとふさわしい人がいるよ」

女性:(高嶺の花・素晴らしい女性と言われていると捉え、)
   「そんなことない。あなたも素敵じゃない」

男性:「……」

 

②「仕事が忙しくてメールできない」

男性:(メールをするのが面倒、もう連絡を取りたくない)
   「最近、仕事が忙しいからなかなか連絡できないよ」

女性:(仕事が忙しいという男性の言い訳を信じ)
   「そっか、がんばってね。私ずっと待ってるから。」

男性:「……」

 

③「仕事が忙しくて会えない」

男性:(もう会いたくない)
   「最近、仕事が忙しくて会う時間が取れない」

女性:(男性も会いたいはずという前提のもと)
   「職場の近くに引っ越そうか」

男性:(いや、そういうことじゃない)
   「それは悪いよ」

女性:(家に近い方が会いやすいかしら)
   「それなら、あなたのおうちのそばに引っ越すわ」

男性:「……」

 

④「子供がいるから離婚はできない」

男性:(不倫相手の女性とは結婚したくない)
   「子供がいるから、妻とは離婚できないよ」

女性:(心配なのは子供のことで、奥さんのことは嫌いなのね)
   「だったら、私が子供たちのお母さんになるわ」

男性:「……」

 

⑤「妻にばれそうなんだ」

男性:(妻にばれそうと言えば、怖くなって別れてくれるかもしれない)
   「実は、不倫が妻にばれそうなんだ」

女性:(もしもばれたら離婚になるだろうから、ラッキー)
   「一緒に乗り越えましょう。奥さんに私から話してあげる」

男性:(そういうことじゃない、勘弁してほしい)
   「僕だけでなく、君も慰謝料請求されてしまうかもしれないよ」

女性:(一緒に頑張ろうということだわ)
   「私はあなたを支える。結婚して一緒に払いましょう」

男性:「……」

 

⑥「不倫は良くない」

男性:(別れたい)
   「やっぱり不倫は良くないよ」

女性:(そんなこと初めからわかってたわ)
   「私は全然大丈夫。一緒に乗り越えようね」

男性:「……」

 

⑦「前の関係に戻ろう」

男性:(別れたい)
   「2人で会うのをやめて、前の関係(友達・仕事仲間)に戻ろう」

女性:(嫌われたわけじゃないのね。また恋人に戻れるはず)
   「定期的に会える?困った時には助けてくれる?」

男性:(前の関係と言ってしまったし、断りづらい)
   「…うん…」

 

⑧「涙を見るのが辛い」

男性:(不倫という立場に陰気になっている女性が面倒、もう別れたい)
   「不倫をしている君が泣いているのを見るのがもう辛いよ」

女性:(やっと結婚してくれる気になってくれたのね)
   「じゃあ、結婚しましょう」

男性:「……」

 

このように、男女の捉え方は真逆と言っていいほどの違いがあります。
原因は、“お互いの前提が違う”ところにあります。
女性側は、「自分が愛されている」という前提のもと、男性の言葉を聞いていることが多いです。もし、相手の態度に不安を感じても、大切にとってある「好き」とかいてあるメールなどを読み返すことで、その頃のお互いの気持ちをリアルに思い出し、それを信じてしまうのです。

 

そのため、ご自身で関係清算の交渉を行うと、良かれと思ってとった言動が裏目に出てしまい、事態の悪化を招いてしまうことが多くなります。

 

NEXT >> 「ネット書き込みへの対処法」

 

予約専門フリーダイヤル 0120-684-600

予約以外の方はTEL:03-6447-4307

メールでのお問い合わせ

緊急ホットライン

不倫相手と円満な別れが可能です。男の不倫と慰謝料の問題なら「弁護士法人フラクタル法律事務所」へ

ページのトップへ戻る